神戸市灘区の松本医院からのトピックス

078-861-0806

トピックス

topics

topics

トピックス

  • 2019.03.31

    新年度です

     4月になりました。いわゆる新年度のスタートです。学校をはじめ、社会において多くの人が新しい生活を迎えることになります。季節も穏やかな春ということで何となくうきうきした気分になります。  ところで我が国のように4月を新年度とする国は世界では少数派に属する様です。よく知られたように...
    詳細はこちら
  • 2019.03.22

    涙活と笑活

     少しずつ春めいた時候となってきました。これまでにも本ブログで書いたことがある日本笑い学会(http://www.nwgk.jp/)に関することです。同学会が月に1回、日曜日に開催しているオープン講座という企画があります。この...
    詳細はこちら
  • 2019.02.27

    スーパームーン

     スーパームーンを御存知ですか?これは月が最も地球に近づき、そのため、いつもより大きく明るく見える満月のことなのです。スーパームーンは天文学において定められた学術用語ではありません。ただ月がとても近くにあるため大きく見える満月というものなのです。今年の2月19日が2月20日に日付へと変わった頃...
    詳細はこちら
  • 2019.02.20

    アレルギーの日

     2月20日が「アレルギーの日」ということを皆様方は御存知でしょうか?これは平成7年に日本アレルギー協会が記念日として定めたものです。その由来は、石坂公武先生と石坂照子先生・御夫妻が昭和41年2月20日に米国のアレルギー学会において免疫グロブリン・IgE(Immunoglobulin Eの略)...
    詳細はこちら
  • 2019.02.09

    冬の空

     2月3日の節分の豆まきが過ぎました。そして毎日全国的に寒い日が続いています。神戸の南京町では春節祭が賑やかに祝われました。神戸の空と山を見上げますと、どんよりした冬の空でした。その下で六甲の山々が雪の薄化粧をしていました(写真1、2)。こんな厳しい季節にインフルエンザは、まだ全国で猛威をふる...
    詳細はこちら
  • 2019.01.30

    インフルエンザの流行

    外来における小児科の診療では何といっても感染症が非常に大きなウエイトを占めています。冬の感染症の王者ともいうべきインフルエンザが、現在のところ大流行しています。昨年12月辺りから全国で猛威を振るいはじめ、今や子どもさんだけではなく、親・兄弟そして祖父母へと襲い掛かっています。国立感染症の統計...
    詳細はこちら
  • 2019.01.23

    またも気になるニュース

     厄神(やくじん)という神様を御存知でしょうか?この神様には災害をもたらす悪い神、その反対に災害をよけてくれる良い神の両者がいるとされています。昔から日本ではある年齢において災害が多く降りかかることがあるとされ、これを厄年といってきました。「今年は厄年だから気をつけよう」と昔は言ったものです。...
    詳細はこちら
  • 2019.01.17

    美しい景色

     1月も半ばを過ぎました。雪が舞う寒い日もあれば、少し暖かい日もあります。こんな冬の日々、運動不足に陥らない様に神戸の街を少しでも歩くようにしています。街にはこれまであまり気の付かなかった美しい景色に巡り合うことがあります。今日は冬空に聳え立つ教会の姿に出合いました。<a href="http...
    詳細はこちら
  • 2019.01.12

    最近の小児科医療

     1月も半ばを過ぎ、だいぶ正月気分も抜けてきました。昔から正月には「松の内」という風習がありました。松の内では今でも多くの家で玄関に「しめ縄」や門松などの飾り物をします。私が子どもの頃は松の内の期間は、元日から15日まででした。15日を小正月...
    詳細はこちら
  • 2019.01.07

    新年おめでとうございます

     平成31年を迎えました。本年5月に新天皇が即位され、新しい元号となります。皆様方におかれましては、穏やかな新年を過ごされたことと思います。最近は昔ほど正月の風物はみられなくなった様に思います。タコあげ、羽根つき、駒回しなどに興じる人々を見ることは少なくなりました。何か少し寂しい気もします。し...
    詳細はこちら

pagetop