メニュー

新しい喘息の診断法

 従来、喘息の診断は経験と各種の検査にもとづいていました。喘息の人では慢性的な炎症があり、そのため炎症性サイトカインという物質が気道で分泌されています。このサイトカインが一酸化窒素(NO)を産出していることが知られており、そこで呼気中のNO濃度を測定し喘息の診断ができるようになりました。つまりNO濃度が高ければ、喘息の可能性があるというわけです。
当院ではNO濃度を測定する検査器を導入しています。検査は簡便で子どもさんでも出来ます。また結果がその場ですぐに分かります。喘息の診断および治療効果の判定に有効な補助的検査です。

 

170331 5

FeNO喘息測定器・ナイオックスVERO

 

170331 6

測定の実際 チェスト株式会社のホームぺージから

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME